南吉記念館のおうちミュージアム

新型コロナウィルスの影響でお出かけできず、おうちで過ごされることも多い皆さんへ、おうちで楽しめるコンテンツをご紹介していきます。
ぬり絵やクロスワードパズルなど、ぜひご家族でお楽しみください!

コンテンツは順次追加していく予定です / おうちミュージアムについて

1.南吉童話&ごん吉くんぬり絵

新美南吉童話イメージキャラクター「ごん吉くん」と、南吉童話のぬり絵です。画像をクリックするとPDFをダウンロードできますので、印刷して自由にぬってください。

2.南吉クロスワードパズル

ごん吉くんからの挑戦状! パズルをうめて、南吉にくわしくなっちゃおう。

◆ レベル1(小学校1~2年生むけ)

パズルをうめたら、さいごに「パズルのこたえ」をだしましょう。したの「こたえをみる」をクリックすると、こたえのかくにんと、南吉のおはなしを、よむことができます。

PDFダウンロード:南吉クロスワードパズル(レベル1)

こたえをみる(クリックするとパズルの答えが表示されます)
  • 〈 クリックで拡大 〉

【キツネがでてくる南吉のおはなし】
キツネがでてくる南吉のおはなしを、2つしょうかいします。おとうさんやおかあさんといっしょに、おはなしをよんでみましょう。

「きつねのつかい」(PDF)
やまのなかで、サルやシカ、キツネやオオカミが、いっしょにくらしていました。ある日、あかりをつけるための、「あんどん」のあぶらが、きれてしまいました。そこで、にんげんにばけることのできる、キツネだけが、むらまでひとりで、かいにいくことになりました。

「てぶくろをかいに」(PDF)
さむいふゆが、きつねのおやこがすんでいる、もりへもやってきました。子ぎつねが、手がつめたいというので、お母さんぎつねは、てぶくろをかってやろうと、おもいます。そこで子ぎつねの手を、かたほうだけ、にんげんの子どもの手にかえると、まちまでおくりだしました。

◆ レベル2(小学校3~4年生むけ)

パズルをうめたら、さいごに「パズルの答え」を出しましょう。下の「答えを見る」をクリックすると、答えのかくにんと、南吉のお話を読むことができます。

PDFダウンロード:南吉クロスワードパズル(レベル2) 回答用紙問題用紙

答えを見る(クリックするとパズルの答えが表示されます)
  • 〈 クリックで拡大 〉

【オナラが出てくる南吉のお話】
実は、南吉はオナラで出てくるお話をいくつか書いています。今回はその中から「がちょうのたんじょうび」を紹介します。どんなお話なのかは、読んでからのお楽しみ!

「がちょうのたんじょうび」(PDF)
がちょうのたんじょう日をおいわいするため、みんながごちそうを食べに集まりました。イタチもしょうたいされて、みんなお腹がいっぱいになるくらい楽しんだのですが、とつぜん、イタチがひっくりかえってしまいます。いったい何があったのでしょう?

◆ レベル3(小学校5~6年生むけ)

パズルを埋めたら、最後に「パズルの答え」を出しましょう。下の「答えを見る」をクリックすると、答えの確認と南吉のお話を読むことができます。

PDFでダウンロード:南吉クロスワードパズル(レベル3) 回答用紙問題用紙

答えを見る(クリックするとパズルの答えが表示されます)
  • 〈 クリックで拡大 〉

【悲哀を描いた南吉のお話】
悲哀――悲しみと南吉は、切っても切りはなせません。彼が日記の中に記した「悲哀は愛に変る」という言葉。その意味が、「ごんぎつね」と「巨男の話」を読むとわかるかもしれません。

「ごんぎつね」(PDF)
ある時いたずらぎつねのごんは、村人の兵十がとったウナギを逃がしてしまいます。その後、兵十のおっ母が亡くなり、葬列が出ました。それを見ていたごんは、あのウナギは兵十がおっ母のためにとっていたものだと思います。「あんないたずら、しなけりゃよかった」。後悔したごんは、つぐないとして毎日兵十の家へ栗やマツタケを持っていくようになりました。

「巨男の話」(PDF)
巨男のお母さんは恐ろしい魔女でした。ある月夜のこと。道に迷ったお姫様と二人の侍女が魔女の家に泊まると、侍女たちは黒い鳥に、お姫様は白鳥に変えられてしまいました。3羽の鳥は投げ出され、白鳥だけが戻ってきました。かわいそうに思った巨男は、こっそり白鳥を飼ってやることにします。やがて、魔女は年をとって動けなくなりました。最後に巨男が魔法のとき方をたずねると……。

3.オリジナル童話を書いてみよう!

記念館では毎年「新美南吉童話賞」を開催して、創作童話を募集しています。2020年の募集期間は6月1日(月)~9月15日(火)です。おうち時間を活用して、お話を書いてみませんか?

おうちミュージアムについて

 新型コロナウィルスの影響で学校が休みになってしまった子どもたちへ、おうちで楽しく学べるアイデアを発信しようと始まった取り組みです。北海道博物館をはじめ、全国の200を超えるミュージアムが参加しています。
 ぜひ、ほかの「おうちミュージアム」ものぞいてみてください。

 お友達や大切な人へ、お気に入りの「おうちミュージアム」をプレゼントできる企画もあります。