南吉はどんな人だったの?

南吉は小学生の頃から作文が好きで、中学生になると、将来、立派な文学者になりたいと考えるようになりました。繊細で豊かな感受性を持った南吉は、自然や人間を深く観察する作家としての天性を持っていました。時には人間を意地悪く見るようなところもありましたが、ユーモアとペーソスをもった人でもありました。