南吉は子どもの頃にどんな遊びをしてたの?

南吉の小説「塀」には、竹馬、メンコ、パチンコ、草の実鉄砲、タコ、陣取りなど、南吉が子どもの頃にしていた遊びがたくさん書かれています。また小説「花を埋める」に出てくる土の中に埋めた花を探す遊びや、石でヨモギの葉をつぶして草ダンゴをつくるままごと遊びもしました。その頃の遊びの多くは屋外でするもので、道具もほとんど自分でつくりました。