南吉はどんな童話を書いたの?

南吉の童話は物語性が豊かだといわれています。物語が展開するストーリーの面白さがあるということです。次に、作品の多くがふるさとの岩滑を舞台にし、岩滑の方言や習慣を採り入れながら書かれていることも大きな特徴です。また、子どもが大人になっていく過程を心の内側から丁寧に描いた作品も注目されています。