南吉が気に入っていた作品は?

どれも南吉にとって大切な作品だったと思います。そのなかでも「久助君の話」は初めての童話集のタイトルにしようと考えていましたから、特に思い入れがあったのかもしれません。