どうして「ごん狐」という名前になったの?

はっきりはわかりませんが、岩滑の北にある権現山(ごんげんやま)からとったのではないかと考えられてます。その理由は、南吉がノートに書いた下書きの原稿が「権狐」で同じ漢字を使っていること、権現山の辺りには南吉が小学生の頃まで実際にキツネが住んでいたことなどがあげられます。
また、「手に負えないいたずらっ子」「腕白小僧」という意味で「権太」(ごんた)という言葉がありますので、「いたずらぎつね」という意味がこめられているかもしれません。

 権現山