「ごん狐」に出てくる“赤い井戸”ってどういう井戸?

半田市の隣の常滑市で焼かれる土管を利用した井戸です。素焼きに近く赤っぽい色をしていて、江戸時代から作られていました。大正時代に入ると黒い釉薬のかかった立派なものが流行りましたが、すべてが黒いものに変わったわけではなく、赤いものも使われ続けました。

    赤い井戸