「ごん狐」に出てくる“おねんぶつ”ってなに?

亡くなった人の一周忌や三周忌などの年忌に、親戚や付き合いのあった人が集まり、お坊さんと一緒に仏壇の前でお経や念仏を唱えること。終わった後、お茶を飲んだり、食事をしたりしました。