「ごん狐」の舞台はどこ?

「ごん狐」は南吉が生まれ育った岩滑の村が舞台になっています。中山さまのお城は、実際には常福院の西にあり、その出城か物見やぐらのようなものが、現在、新美南吉記念館の童話の森となっている丘(昔の地名が中山)にあったといわれています。兵十がはりきり網でウナギをとっていた川は記念館の北側を流れる矢勝川と考えられます。また場所は移りましたが、ごんが隠れていた六地蔵も市内の共同墓地に残っています。