「牛をつないだ椿の木」に出てくる“しんたのむね”ってどういう意味?

“しんたのむね”の辺りは江戸時代後半に開かれた新田で、まわりの土地より高くなっていたので「新田の棟」という意味でそう呼ばれるようになりました。この辺りには実際に泉が湧いていて、道を行き来する人がのどをうるおしていました。