「花のき村と盗人たち」の“花のき村”って本当にあるの?

「花のき村と盗人たち」の舞台は南吉が創り出した理想の村で本当にある村ではありません。しかし、この作品が書かれた頃に生活していた安城に“花ノ木町”という地名があるので、村の名前はそこからとったのかもしれません。