安城七夕まつりAMIステージ 「AMI 南吉を歌う」

音楽料理人ユニットAMIが、南吉の詩に曲をつけて歌う「南吉童謡」を披露します。

  • 日時 2019年8月2日(金曜日) 15時~15時30分
  • 場所 安城市アンフォーレホール(〒446-0032 安城市御幸本町12-1)
  • 出演 AMI
  • 演目 「ごろぜみ」、「天国」、「線香花火」、「井戸」、「明日」 ほか
  • 備考 詳細は安城七夕まつりのホームページをご覧ください

音楽物語 南吉のおくりもの

 新美南吉の童話の数々が楽しい音楽物語になりました。各公演プログラムは、「花のき村と盗人たち」「木の祭」と、「二匹のかえる」「ガチョウの誕生日」「げたにばける」「こぞうさんのおきょう」の四作品の中から、各会場で日替わりで二作品を上映します。

  • 日時 2019年8月1日、2日、8日、9日 11時/14時
  • 入場料 700円(3歳から大人まで共通・全席自由席)
  • 演目 「花のき村と盗人たち」「木の祭」「二匹のかえる」「ガチョウの誕生日」「げたにばける」「こぞうさんのおきょう」から二作品
  • 出演・チケット チラシ(PDF)を参照
  • 問合せ 一般社団法人名古屋二期会 TEL. 052-380-5416

日程と会場

  • 2019年8月1日(木曜日) 11時/14時 南文化小劇場(名古屋市南区千竈通2-10-2)
  • 2019年8月2日(金曜日) 11時/14時 緑文化小劇場(名古屋市緑区乗鞍2-223-1)
  • 2019年8月8日(木曜日) 11時/14時 東文化小劇場(名古屋市東区大幸南1-10カルポート東)
  • 2019年8月9日(金曜日) 11時/14時 中村文化小劇場(名古屋市中村区中村町字茶ノ木25)

第105回企画展 みんなの「ごんぎつね」~新美南吉からのメッセージ~

  •  「ごんぎつね」が小学4年生の国語の教科書に初めて採用されたのは昭和31年。それ以降、多くの人々が「ごんぎつね」に出会い、その温かく切ない物語は世代を超えて愛され続けてきました。
     本企画展では、「ごんぎつね」の作品世界や、作者・新美南吉の生涯を紹介します。かすや昌宏氏の光彩画による幻想的な空間「ごんぎつねのへや」も、見どころの一つです。
     懐かしい「ごんぎつね」と、ここで再び出会ってみませんか。

  • 期間 2019年7月13日(土曜日)~9月23日(月曜日・祝日) ※火曜日は休館日
  • 時間 9時30分~17時(観覧受付は16時30分まで)
  • 場所 群馬県立土屋文明記念文学館(〒370-3533 群馬県高崎市保渡町2000 上毛野はにわの里公園内)
  • 観覧料 一般410円、大高生200円
  • 問合せ 群馬県立土屋文明文学館 TEL. 027-373-7721
  • 備考 会期中、記念講演や展示解説、高校生による朗読などが開催されます。詳しくはこちらのチラシ(PDF)でご確認下さい。