イベントページ
終了したイベント一覧 終了したイベント一覧

正八ちゃんの端午の節句 終了

 子どもの日は正八ちゃん(南吉の本名)になったつもりで楽しもう!

  • 期間 2021年5月4日(祝日・火曜日)、5日(祝日・水曜日)
  • 場所 新美南吉記念館とその敷地内
  • 参加 無料(一部有料イベントあり)
  • 問合せ 南吉記念館まで TEL. 0569-26-4888
  • 備考 詳しい内容はチラシ(PDF)か下記をご覧ください

両日開催のイベント

竹とんぼおじさんがやってくる!

竹とんぼおじさんが作った竹とんぼをもらって、飛ばし方を教えてもらおう。

  • 時間 午前の部:10時~12時 午後の部:13時~15時
    ※開始時間から30分ごとに交替・各回5名まで
  • 会場 南吉記念館芝生広場
  • 定員 40名(要整理券)
  • 対象 小学生以下(必ず保護者が同伴してください)
  • 参加 無料
  • 備考 午前の部は9時30分から、午後の部は12時30分から整理券を配布します。それぞれ参加時間はお選びいただけます/雨天の場合は会議室にて竹とんぼをお配りし(9時30分から20本、12時30分から20本配布)、その間パズルで遊ぶことが出来ます。

三浦よし木さんに似顔絵を描いてもらおう!

企画展『三浦よし木 漫画「花をうめる」原画展 ―作品に描かれた「遊び」と「恋」―』の開催を記念し、半田市出身の漫画家・三浦よし木さんが来館して、似顔絵を描いてくれます。

  • 時間 午前の部:11時~12時 午後の部:14時~15時
  • 会場 南吉記念館工作室
  • 対象 どなたでも(無料・整理券優先)
  • 備考 午前の部、午後の部とも開始1時間前から整理券を配布します(各回10名程度)

ギャラリートーク

展示会場にて、三浦よし木さんから漫画「花をうめる」についてのお話が聞けます。

  • 時間 午前の部:10時30分~ 午後の部:13時30分~
    ※所要時間は20分程度です
  • 会場 南吉記念館展示室
  • 参加 無料・予約不要
  • 備考 高校生以上は展示室観覧料(220円)が必要です

ごん吉くんの謎解きクイズラリー

  • ごん吉くんからの指令にしたがってクイズに答えよう。全問正解者にはプレゼントがあるよ!
    • 時間 9時30分~17時
    • 場所 南吉記念館内
    • 対象 中学生以下
    • 備考 プレゼントは各日先着100名様まで

GON-ART

素焼きのキツネ人形に絵付けをしよう。

  • 時間 12時~、13時~、14時~、15時~
    ※所要時間は45分程度です
  • 会場 南吉記念館屋外休憩所
  • 定員 各回10名(予約者優先)
  • 料金 1体800円
  • 問合せ 半田市観光協会 TEL. 0569-32-3264

5月4日のみ開催

ブルーベリーの苗木の配布

緑化に対する認識を高め、家庭の緑化を推進するために苗木の配布をします。

  • 日時 2021年5月4日(祝日・火曜日) 9時30分~12時
    ※整理券は9時から配布
  • 場所 南吉記念館屋外休憩所
  • 配布 ブルーベリーの苗木200本(1人1回)
  • 問合せ 半田市都市計画課 TEL. 0569-84-0665
  • 備考 混雑状況により配布時間を早める場合があります/荒天時は翌日に延期

新美南吉没後78年「貝殻忌」 終了

 3月22日は新美南吉の命日である「貝殻忌」です。半田市では、毎年「貝殻忌」式典やさまざまなイベントを開催して南吉を偲んでいますが、今年は新型コロナウィルスへの対策として、行事は執り行いません。代わりに、皆さまからメッセージやイラスト、折り紙の貝殻などを募集します。

 菜の花が咲く春の彼岸頃、南吉を偲んで、あなたの思いを届けてみませんか?

 また、「貝殻忌」当日は記念館を無料開放し、献花台を設置します。お立ち寄りの際には、ぜひ南吉へ花を手向けてください。献花用の花は記念館でご用意します。

メッセージ&イラスト募集

 今年で78回目の命日を迎える南吉にメッセージとイラストを送ってください! メッセージだけ、イラストだけの参加も大歓迎です。メッセージにて参加される方は、南吉への思いとともに、お気に入りの南吉作品や、南吉の好きなところ、私と南吉とのエピソードなどを添えて送ってください。
 いただいたメッセージとイラストは館内に掲示し、命日当日、南吉の墓前にお供えいたします。

  • 募集期間 2021年3月22日(月曜日) 12時まで
  • 掲示期間 2021年3月16日(火曜日)~22日(月曜日)
  • 応募方法 郵送(〒475-0966 愛知県半田市岩滑西町1-10-1)、Eメール(nankichi@city.handa.lg.jp データは2MBまで)、またはTwitter(ハッシュタグ「#南吉没後78年貝殻忌」をつけて投稿してください)にて
  • 様式 郵送の場合、最大A3サイズまでの大きさで、お好きな紙・便箋などに南吉へのメッセージ・イラストをお書きください。メール・Twitterの場合は画像で添付されても構いません。
  • 備考 Twitterで参加される方は、ハッシュタグ「#南吉さんへ花を贈ろう」もつけていただければ、記念館職員が命日当日に献花の代行をいたします

南吉さんへ貝殻を贈ろう

 南吉の文学忌名「貝殻忌」にちなんで、折り紙で作った貝殻を募集します。下の折り方を参考に、ぜひ貝殻を折ってみてください。ご応募いただいたものは、メッセージ・イラストと合わせて館内に飾ります。

  • 〈クリックでPDFを展開〉

  • 〈クリックでPDFを展開〉

  • 募集期間 2021年3月22日(月曜日) 12時まで
  • 掲示期間 2021年3月16日(火曜日)~22日(月曜日)
  • 応募方法 記念館へ直接お待ちいただくか、郵送で送ってください。宛先は(〒475-0966 愛知県半田市岩滑西町1-10-1 新美南吉記念館)まで。

Twitter×献花 #南吉さんへ花を贈ろう

 毎年南吉の命日には献花台を設置して、来館者の方に献花をお願いしていますが、今年は記念館へ来られない方に向けて、Twitterと献花の連動企画を行います。
 期間中、ハッシュタグ「#南吉さんへ花を贈ろう」を使ってツイートしてくださった方の代わりに、記念館職員が献花をさせていただきます。ぜひ、お家から南吉さんへ花を手向けてください。

  • 期間 2021年3月22日(月曜日) 12時まで
  • 参加方法 ハッシュタグ「#南吉さんへ花を贈ろう」を使って、3月22日が南吉の命日「貝殻忌」であることをツイートしてください。命日当日、ツイートされた方の代わりに記念館職員が献花をいたします。また、参加された方の名前(アカウント名)は一覧にして、献花台の傍に掲示します。
  • 備考 献花代行は1人1回まで (複数ツイートされても1回と数えます)

山根基世さんから「貝殻」の朗読とメッセージをいただきました!

 新美南吉没後78年「貝殻忌」に寄せて、NHK「映像の世紀」シリーズやTBSドラマ「半沢直樹」のナレーションで知られる、元NHKアナウンサーで朗読家の山根基世さんが南吉の詩「貝殻」を朗読してくださいました。素敵なメッセージもつけられていますので、ぜひご覧ください。

記念館からのビデオメッセージ

 コロナ禍でも南吉を偲んでいただけるよう、記念館からのビデオメッセージを作成しました。記念館館長が「貝殻忌」の由来について詳しく解説していますので、どうぞご覧ください。

ペーパーアート教室 終了

 南吉童話を題材にペーパーアート作品を制作されている榊原澄香さんを講師に、ペーパーアート教室を開催します。南吉童話「牛をつないだ椿の木」を半立体のペーパーアートにしてみませんか?

  • 日時 2021年2月14日(日曜日)3月13日(土曜日) 13時30分~15時30分
    ※愛知県に発令された緊急事態宣言の延長を受け、開催日を延期しました
  • 場所 南吉記念館工作室
  • 対象 小学4年生以上(大人のみの参加も可)
  • 定員 12名(申込順・1件の申込みは4名まで)
  • 持ち物 はさみ、ピンセット、木工用ボンド、鉛筆、カッター、マスク
  • 参加費 500円
  • 申込み 1月16日(土曜日)9時30分から南吉記念館まで TEL. 0569-26-4888
    ※定員となりました
  • 備考 作品はB5サイズで額縁付きです/感染対策のため付き添いのみの方は入室できません/そのほか詳細はチラシ(PDF)をご覧ください

「手袋を買いに」の日 終了

 12月26日は、南吉さんが童話「手ぶくろを買いに」を書いた日です。これを記念し12月19日~28日にかけて、記念館の受付でお子様に白銅貨をお渡しします。その白銅貨を、記念館内のcafe&shop"ごんの贈り物"へ届けて合言葉を言うと、素敵なプレゼントがもらえます!
 合言葉は「このおててにちょうどいい手袋ください。」です。

 「手袋を買いに」の日では"手袋カード"もご用意します。色鉛筆で自由に色をぬって、願い事や「手袋を買いに」への想いを書いたら、ランプツリーへつるしましょう♪

  • 期間 2020年12月19日(土曜日)~28日(月曜日)
    ※12月21日(月曜日)は休館日です
  • 時間 10時30分~16時30分 (cafe&shop"ごんの贈り物"営業時間)
  • 場所 南吉記念館内
  • 対象 中学生以下 (各日先着50名まで)

えと人形に絵付けをしよう! 終了

 来年の干支は丑(うし)です。素焼きの干支人形に絵付けをして、自分だけの干支人形をつくりましょう! 人形は半田市乙川地区に古くから伝わる「乙川人形」を使います。

  • 日時 2020年12月5日(土曜日)、6日(日曜日) 午前の部:10時~11時30分/午後の部:13時30分~15時
  • 場所 南吉記念館工作室
  • 対象 どなたでも(コロナ対策のため付き添いのみの方は入室できません)
  • 定員 各回12名(先着順・小学生未満は保護者も参加してください)
    ※両日とも定員になりました
  • 参加費 500円(1人1体)
  • 持ち物 汚れてもいい服装またはエプロン、マスク
  • 申込み 11月7日(土曜日)9時30分から南吉記念館まで TEL. 0569-26-4888
    ※1件の申込みは4名まで
  • 備考 そのほか詳しい情報はチラシ(PDF)をご覧ください

ガリ版体験 終了

 南吉さんも使ったガリ版(謄写版)を使って、ハガキに印刷してみよう!

  • 日時 2020年11月21日(土曜日) ①10時~11時30分 ②13時30分~15時
  • 場所 南吉記念館工作室
  • 対象 どなたでも(小学3年生以下は保護者の方も参加してください)
  • 定員 各回10名(申込順)  ※定員になりました
  • 参加費 200円
  • 申込み 10月17日(土曜日)9時30分から南吉記念館へ TEL. 0569-26-4888
    ※1件の申込みは3名まで
  • 備考 感染防止のため付き添いだけの方は入室できません/汚れてもいい服装やエプロンを用意して、マスクをつけてお越しください/チラシ(PDF)

ごんの誕生日 終了

 10月4日は南吉が「ごんぎつね」を書いた日です。南吉記念館ではこの日を「ごんの誕生日」として、受付で"合言葉"を言ってくださった方に記念品をプレゼントしています。ぜひご参加ください!

 合言葉は「ごん、お前だったのか」です。

  • 日時 2020年10月4日(日曜日) 9時30分~17時30分
  • 場所 南吉記念館受付
  • 問合せ 南吉記念館まで TEL. 0569-26-4888

みんなで祝おう!新美南吉生誕祭 終了

 7月30日は南吉さんの107回目の誕生日。例年生誕祭を開催していますが、コロナウイルス感染拡大防止のため、今年はお祝いのメッセージとイラストを募集します。ご応募いただいたメッセージやイラストは館内に掲示するほか、イラストは新美南吉顕彰会で選考し、3名様に記念品をお贈りします。

 また「南吉さんの日」(7月30日)は記念館を無料開放し、献花台を設置いたします。お立ち寄りの際には、ぜひ南吉さんへ花を手向けてください。献花用の花は記念館で用意いたします。

  • 募集期間 2020年7月1日(水曜日)から7月30日(木曜日)
  • 掲示期間 2020年7月23日(木曜・祝日)から8月2日(日曜日)
  • 応募方法 郵送(〒475-0966 愛知県半田市岩滑西町1-10-1)、Eメール(nankichi@city.handa.lg.jp データは2MBまで)、またはTwitter(ハッシュタグ「#南吉さんおめでとう」を付けて投稿してください) にて
  • 様式 最大A3サイズ(297mm×420mm)くらいまでの大きさで、お好きな紙・便箋などに南吉さんへのメッセージ・イラストをお書きください。メッセージ・イラスト用にそれぞれ用紙をご用意しましたので、よろしければご活用ください。

 メッセージ用紙(PDF)イラスト用紙(PDF)

お願い

 メッセージにて参加をされる方は、お祝いのメッセージに、お気に入りの南吉作品とその理由や、南吉の好きなところ、私と南吉のエピソードなどを添えてご応募ください。
 皆様からの南吉さんへのあたたかなメッセージやイラスト、お待ちしております。

文学講座 「新美南吉はなぜ故郷を舞台に児童文学を書いたのか?」 終了

 新美南吉は故郷の半田岩滑、知多半島を舞台に作品を書きました。そして、小説や詩歌も書きながら、彼が作家としての本分とし、その才能をもっとも花開かせたのは児童文学でした。それはなぜでしょうか?
 単に故郷や子どもが好きというだけではない、南吉ならではの理由を探ります。

  • ▲権現山

  • ▲南吉の生家

  • 日時 ①2020年2月23日(祝日・日曜日)10時30分~12時(定員) ②2月29日(土曜日)10時30分~12時(空きアリ) ③2月29日(土曜日)13時30分~15時(定員)
    ※2日とも同じ内容です。申込みの際はどちらの回をご希望かお教えください。
    ※好評につき29日に午前の部を追加しました。既に申し込まれている方でも定員でなければ回の変更が可能ですので、記念館までご連絡ください。
  • 場所 南吉記念館会議室
  • 定員 各回40名(先着順)
  • 講師 遠山光嗣(南吉記念館学芸員)
  • 受講料 無料
  • 申込み 1月18日(土曜日)9時30分から南吉記念館へ TEL. 0569-26-4888
  • 備考 そのほか詳細はチラシ(PDF)をご覧ください

追加開催のお知らせ(2020.2.21)

 現在、新型コロナウィルスの蔓延が取り沙汰されていますが、本講座については予定通り開催をいたします。ただし、今年の夏以降にも同じ内容で講座を行うことにしましたので、ご不安な方は現在のお申し込みをキャンセルされても構いません。その場合は、南吉記念館までご連絡ください。
 追加開催の詳しい日取りは、追って「はんだ市報」やホームページにてお知らせいたします。

 なお、2月23日・29日の回に参加される方は、マスクの着用をお願いいたします。

凧作り&凧あげ体験 終了

 オリジナルの凧を作ってみんなで凧あげをしよう! カラフルなビニールで鳥の形をした凧(ハッピーバード)を作ります。

  • 日時 2020年1月5日(日曜日) 13時~16時
  • 場所 南吉記念館工作室
    ※凧あげは岩滑小学校の校庭で行います
  • 協力 阿久比ごんぎつねクラブ
  • 対象 小中学生(小学3年生以下は保護者同伴)
  • 定員 15名(先着順)
  • 参加費 400円
  • 持ち物 はさみ、ものさし、帽子、手袋
  • 申込み 11月16日(土曜日)9時30分から南吉記念館へ TEL. 0569-26-4888
  • 備考 荒天の場合は凧作りのみ行います/チラシ(PDF)はコチラ

夏休み!ワークショップ 終了

ウグイス笛をつくろう

「良寛物語 手毬と鉢の子」などに登場するウグイス笛をつくります。

  • 日時 2019年8月12日(月曜日・祝日) 13時30分~15時30分
  • 場所 南吉記念館工作室
  • 対象 どなたでも(小刀を使用するため小学生以下は保護者同伴)
  • 参加費 300円(1個)
  • 備考 申込み不要ですが、混雑時はお待ちいただくことがあります
  • 写真 うぐいす笛
  • 写真 うぐいす笛づくりの様子

火打石・石臼体験

南吉の作品に登場する昔の道具を体験できます。

  • 日時 2019年8月13日(火曜日) 13時30分~15時30分
  • 場所 南吉記念館工作室
  • 対象 どなたでも
  • 参加費 無料
  • 備考 申込み不要ですが、混雑時はお待ちいただくことがあります。また火打石体験は雨天の場合中止します。
  • 写真 石臼体験の様子1
  • 写真 石臼体験の様子2

とりモビールをつくろう!!

カラフルに画用紙をペイントし、とりモビールを作ります。色とりどりの鳥たちを南吉記念館に飛ばしましょう! モービルとは紙や木片を糸などでつるし、少し動くようにしたものです。

  • 日時 2019年8月17日(土曜日) ①11時~ ②14時~
  • 場所 南吉記念館屋外休憩所 ※雨天時工作室
  • 指導 遠山敦(イラストレーター)
  • 対象 小学6年生以下の子ども(小学2年生以下は保護者同伴)
  • 参加費 500円
  • 定員 各回15名(約1時間・要予約)
  • 申込み ごんの贈り物まで TEL. 0569-26-1885 E-mail. gonnookurimono@gmail.com
  • 問合せ 同上
  • 主催 半田市観光協会、ごんのふるさとネットワーク
  • 備考 イベントのチラシ(PDF)はコチラ

夏休み「ごんぎつね」教室 終了

 夏休みは「ごんぎつね」について楽しく学ぼう! お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に「ごんぎつね」の舞台を訪ねたり、火縄銃やはりきり網をさわってみたり。きみも「ごんぎつね」博士になろう!

  • 日時 2019年8月3日(土曜日) 9時~14時15分
  • 場所 新美南吉記念館とその周辺
  • 対象 3年生以上の小学生とその保護者
    ※小学生と保護者の方向けのイベントですが、大人の方のみの参加も可能です
  • 定員 30名(先着順) ※定員になりました
  • 持ち物 筆記用具、弁当、水筒、カメラ(いろいろ撮って自由研究に使おう)
  • 参加費 子ども300円、大人510円(養家・記念館観覧料)
  • 申込み 7月6日(土曜日)9時30分から電話か記念館窓口まで TEL. 0569-26-4888
  • 備考 詳しい内容はチラシ(PDF)をご覧ください
  • ごんぎつね教室のチラシ画像
  • 写真 狐塚の前にて
  • 写真 火縄銃を触る子どもたち

去年の参加者の声から

  • 小学校の教員です。「ごんぎつね」の学習をしていくにあたり、その背景を知りたいと思い参加させていただきました。新美南吉さんの生い立ちや、「ごんぎつね」の舞台など詳しく説明していただいて、読み方が変わるような気がします。
  • 昔の道具をさわるのが楽しかった。木魚は「ポコポコ」というかわいい音がしたので気に入った。
  • 教科書で出てくるのはしっていて、でも今日南吉きねんかんで学べて勉強になった。
  • 南吉の育ったいろいろなところを見学させていただいて、物語のことがよりよくわかったような気がします。

折紙教室「七夕飾りを作ろう」 終了

 折紙などで彦星や織姫を作り、手に持てる大きさの笹に飾りましょう。作った笹と飾りは持ち帰ることができます。

  • 日時 2019年6月29日(土曜日) 10時~12時
  • 場所 南吉記念館工作室
  • 対象 年中園児以上(小学3年生以下は保護者同伴)
  • 協力 日本福祉大学子ども発達学部(保育専修) 江村和彦ゼミ
  • 持ち物 はさみ
  • 参加費 100円
  • 申込み 不要(参加無料)
  • 問合せ 新美南吉記念館まで TEL. 0569-26-4888
  • 昨年の参加者の写真1
  • 昨年の参加者の写真2

南吉さんの蛍まつり 終了

 新美南吉記念館の敷地内にある谷地に、数千匹の蛍が飛び交います。ご家族やお友達と一緒に、本物の蛍をお楽しみください。

  • 日時 2019年6月21日(金曜日)、22日(土曜日) 18時30分~21時
    ※雨天中止、22日は16時からイベントがあります
  • 場所 南吉記念館敷地内
  • 入場料 無料(申込不要)
  • 問合せ 半田市観光協会まで TEL. 0569-32-3264
  • 主催 半田市、半田市観光協会
  • 企画・運営 半田中央印刷株式会社、NPO法人ごんのふるさとネットワーク
  • 備考 安全に鑑賞いただくために、ホタル観賞入口で入場制限をする場合があります。
  • 蛍まつりのチラシ クリックでPDFデータを開きます
  • 写真 キャンドルの演出
  • 写真 夜の記念館

両日開催のイベント

  • 蛍の鑑賞 19時30分~21時 記念館西整備エリア
    ホタルが飛び交う谷地を散策できます。見頃は20時30分ごろ。
  • ホタルおじさんのおはなし 記念館西整備エリア
    地元でホタルを育てている土本修二さんのお話が聞けます。
  • 新美南吉記念館ナイトミュージアム 18時30分~20時30分
    夜の記念館を観覧できます。時間中は入館が無料に(17時30分に一度閉館いたします)。
  • ホタルふれあいコーナー 18時30分~20時30分 記念館会議室
    暗い部屋の中にホタルが放たれ、鑑賞できます。
  • キャンドル演出 18時30分~21時 記念館芝生広場
    キャンドル作家「その灯ぐらし」さんによる灯りの演出。
  • 南吉童話の読み聞かせ ①18時45分~ ②19時15分~ ③19時45分~
    南吉童話おはなしの会「でんでんむし」が、記念館の図書室で南吉童話を朗読します。
  • 飲食ブース 18時30分~ 記念館芝生広場
    おいしい食べ物などの飲食ブースが出店。

22日(土)のみ開催のイベント

  • ホタルクイズラリー 16時~18時 記念館芝生広場 参加費:100円
    先着100名様限定! 記念館敷地内に設置されたポイントを巡り、クイズに参加しよう。全問正解者にはプレゼントを進呈します!