あいさつ

 新美南吉は令和5年に生誕110年を迎えます。
 ふるさとである半田市では、記念事業を計画するとともに、全国にむけて情報を発信し、南吉に関心がある人たちの輪を広げていきます。

目次

 結果発表

 新美南吉デザインコンテストには、ロゴマークの部397点、PRグッズの部312点、不明14点の合計723点の応募がありました。厳正な審査の結果、次の通り、入賞作品が決まりましたので発表いたします。
 受賞者の皆様、誠におめでとうございます。

ロゴマークの部 優秀賞(3名)

青木健太郎 / ツメサキの世界 石川みほ / 桑原ゆり子

PRグッズの部 優秀賞(3名)

佐藤阿弓 / 田邊真也 / 新宮佳奈

 最優秀賞に選ばれた作品は、今後令和5年の新美南吉生誕110年に向けて活用していきます。

 なお、ロゴマークについては、生誕110年の周知につながるのであれば、どなたでもお使いいただくことができます。ただし使用規定に基づいた審査がありますので、使用を希望される方は下記をご覧のうえ、申請書を新美南吉記念館までご提出ください。

 また、グッズデザインを使用したポロシャツとトートバックの予約販売を、3月26日(土)~4月15日(金)まで受け付けております。詳しくは半田市観光協会のHPをご覧ください。予約特典もあります。

新美南吉生誕110年ロゴマークの使用について

 新美南吉生誕110年の周知が目的であれば、ロゴマークを無料で使用できます。使用に際しては、使用申請手続きをしてください。使用規定に照らし、承認させていただきます。

使用条件等

使用目的 新美南吉生誕110年の周知を目的とする
使用範囲 原則として広報媒体、景品(非売品)
使用対象 個人、事業者、NPO法人等の市民活動団体、行政機関
使用料 無料
使用上の注意 図形使用規定をご参照ください
見本画像 見本画像をご参照ください

申請の流れ

①使用申請書に必要事項を記入し、新美南吉記念館にEメール・FAX・郵送で提出
→使用申請書のダウンロード(ワード形式PDF形式

②新美南吉記念館で申請内容を審査し、使用許可の是非を検討

③許可の場合、新美南吉記念館から使用許可等通知書及び画像データ(電子メール)を交付

④制作物等のサンプルを新美南吉記念館へ提出
※制作物を印刷・配布する前に、校正が必要となる場合があります

申込み・お問合せ先

【新美南吉記念館】
〒475-0966 愛知県半田市岩滑西町1-10-1
TEL. 0569-26- 4888/FAX. 0569-26-4889

← メールはこちらから

新美南吉生誕110年デザインコンテストの募集について 締切

募集は2月10日(木曜日)をもちまして締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございます。
入賞者への通知は2月下旬を予定しています。
最優秀賞作品は3月下旬にホームページで発表いたします。

 新美南吉は29歳の若さで亡くなるまでに、「ごんぎつね」「手ぶくろを買いに」「でんでんむしのかなしみ」「おじいさんのランプ」など、数々の名作を残しました。令和5年、南吉は生誕110年を迎えます。半田市では、そのPRをするためのロゴマークを募集します。
 さらに、もっと多くの人に南吉文学の世界を知ってもらい、生誕の地を訪れていただくため、ポロシャツ&トートバッグなどのPRグッズのデザイントコンテストも実施します。
 あなたの手で新美南吉生誕110年を盛り上げてみませんか?

 プロ・アマ問わず、皆さまからのオリジナルティあふれる作品をお待ちしております。

新美南吉生誕110年ロゴマーク&PRグッズデザイン募集概要(クリックで開閉)

募集部門

【生誕110年ロゴマークの部】

 新美南吉生誕110年を周知させるためシンボル・ロゴマークを募集します。単色表現(グラデーション不可)にて作成してください。印刷・Web・ノベルティ等、さまざまなメディアに使用しますので、大小使用時のサイズも加味しながらデザイン制作してください。
 応募作品の中から最優秀作品を決定し、ポロシャツ他、各種広報物・ノベルティに使用させていただきます。

【PRグッズデザインの部】

 新美南吉および南吉作品をテーマとしたPRにつながるデザインを募集します。また、一般販売するため、消費者が買いたくなる、使いたくなるデザインがポイントです。
 ポロシャツとトートバッグに使える共通デザインを想定しています。なお、ポロシャツは単色に限定しますが、トートバッグは別案として多色表現も可能です。(グラデーション可)
 デザイン箇所については、ポロシャツが背中、トートバッグが片面とします。
 応募作品の中から最優秀作品を決定し製品化、3月下旬から先行予約、5月中旬から一般販売します。また、採用作品は他のグッズにも使用させていただきます。

応募規定

 応募作品は、デジタルデータの方は必ずPDFファイルにしてください。トートバッグを多色表現したい方は、A4サイズの用紙1枚に単色版と多色版の2種類を表現してください。

▼ ポロシャツ・トートバッグのイメージ

※ポロシャツのカラーは、白・黒をはじめとした多色展開を予定しています
※トートバッグはキャンバス地(生成り色)を予定しています

応募締切 令和4年2月10日(木曜日)必着
応募資格 日本在住であればどなたでも
※個人だけでなく複数人によるグループ応募も可
※応募作品は1人(1グループ)各部門1点まで
※グループで応募された場合、同一部門に個人で応募はできません
審査・発表 令和4年3月下旬予定
主催 新美南吉生誕110年記念事業連絡協議会

応募方法

 応募にあたっては、以下の3つの方法からお選びください。

  • Googleフォーム(グーグルアカウントをお持ちの方)
    こちらの応募フォームに必要事項を記入し、PDF化した作品をアップロードして送ってください。
  • Eメール
    こちらの応募用紙に記入をし、作品とともにPDF化して送ってください。
    送付先: nankichi110@handa-kankou.com
    ※メール受信後5日以内に受付完了のメールを返信いたします(12月29日~1月3日は年末年始の休館日のため、1月4日以降)
    ※メールの件名は「応募作品」としてください
  • 郵送または持参
    こちらの応募用紙をプリントして記入し、作品とともに新美南吉記念館へ郵送または直接持参してください。作品はA4サイズの用紙に表現し、作品裏面左下に氏名・住所を記入してください。
    郵送先: 〒475-0966 愛知県半田市岩滑西町1-10-1 新美南吉デザインコンテスト係(新美南吉記念館内)

 有効応募作品の中から、最優秀賞と入賞を選出し、賞状、賞金を授与します。入賞者への通知は2月下旬を予定しています。最優秀賞作品は3月下旬にホームページ上で発表します。

【生誕110年ロゴマークの部】
最優秀作品賞 1点(賞金5万円、中学生以下は図書カード3万円分+QUOカード2万円分)
入賞 3点(図書カード3千円分)

【PRグッズデザインの部】
最優秀作品賞 1点(賞金8万円、中学生以下は図書カード4万円分+QUOカード4万円分)
入賞 3点(図書カード3千円分)

審査委員

  • 高北幸矢(清須市はるひ美術館館長、高北デザイン研究所主宰、半田市景観アドバイザー)
  • 新美勝彦(特定非営利活動法人ごんのふるさとネットワーク代表理事)
  • 遠山光嗣(新美南吉記念館館長・学芸員)
  • 池脇啓太(観光ディレクター、地域連携アドバイザー)

応募条件・権利規定および応募に関する諸注意

  • 自作未発表で、第三者の著作権、商標権等の一切の権利を侵害しない作品、他の作品と類似していない作品に限ります。
  • 公序良俗その他法令の定めに反するもの、誹謗中傷を含むものは審査の対象外となります。
  • 期限を過ぎて提出された作品は無効になります。
  • 新美南吉やその文学の世界観をイメージしたデザインを考案してください。
  • 応募作品の返却はいたしませんので、あらかじめご了承ください。
  • 応募作品のすべての知的財産権は応募者に帰属します。
  • 採用デザインについて、使用(加工・グッズ販売等)の権利は、新美南吉生誕110年記念事業連絡協議会に属します。主催者はポロシャツ、トートバッグ、各種ノベルティに加工後、主催者および第三者が発行する各種の媒体で使用することができます。 また、主催者の認める第三者がデザインを使用(グッズ制作等)する場合があります。
  • 最優秀賞受賞者には、主催者が行うデザイン制作にご協力をお願いする場合があります。
  • 最優秀賞受賞者の氏名、経歴などは、印刷物、ウェブサイトで公表させていただきます。入賞者は氏名のみ掲載させていただきます。
  • 採用作品は印刷の都合上、事前に受賞者と相談の上、事務局にて修正を加えることがあります。

お問い合わせ先

新美南吉デザインコンテスト係(新美南吉記念館内)
☎ 0569-26-4888
nankichi110@handa-kankou.com
※メールの件名は「問い合わせ」としてください

新美南吉生誕110年ニュース

 ここでは生誕110年の記念事業や、関連イベントなどを紹介していきます。

「ごんぎつねものしり図鑑」リニューアル公開 2022.5.24

 フラッシュプレイヤーのサービス終了に伴い公開終了した、小学校用デジタル教材「ごんぎつねものしり図鑑」を、フラッシュプレイヤーを使わずに閲覧できるようリニューアルし、再公開しました。内容も一部修正し、より見ごたえのある内容となっています。
 ぜひ授業やブックトークなどにご活用ください。

 ごんぎつねものしり図鑑(半田市教育委員会ICTサポートページ)

みんなの南吉さんストリートプロジェクト② 2022.2.4

 企画の第2弾として、綺麗に整備した岩滑小学校の北壁面に、新しく看板が設置されました。「ごんぎつねが生まれた岩滑小学校」として、南吉がこの学校で代用教員をしていた時に、子どもたちに「ごんぎつね」を語り聞かせていたこと等が記されています。

みんなの南吉さんストリートプロジェクト① 2021.11.28

 南吉の母校・岩滑小学校の北壁面には、卒業制作として、児童が描いた南吉童話の板絵が飾られていましたが、近年は中止していたこともあり、老朽化が進んで寂れた雰囲気となっていました。
 そこで新美南吉生誕110年に向けて、半田市観光協会の呼びかけで、地域一帯の取り組み「みんなの南吉さんストリートプロジェクト」が始動。11月28日に、岩滑小学校6年生の児童や地域の方々・企業が集まって、同校北壁面約150mのうち半分を綺麗に塗装し直しました。(この企画には三菱UFJ銀行半田支店から寄付金50万円が寄せられました)
 今後、その壁面に何を描くか皆で考えていきます。

新美南吉について